私たちの出会い♡

私は香川県生まれ香川県育ち。

18の時に大阪に移り住み21歳の時1年ほどアメリカに語学留学に行き、

また大阪に戻り、

彼と出会うまでは大阪の有名な(自慢)某会員制クラブで最年少のチーママをしていました。

注意
  ただただ私たちがどうして出会ったのか
  なれそめページです。
  興味ない方は飛ばしてください(笑)

彼との出会い

仕事は大好きで、毎日バリバリ働いていました。このお店が最後のお店。っていうのは自分の中でも決めていて、最後にあんな有名店で役職を貰い、働かせていただいたことには、とても感謝しています。

そんなお仕事と、同じくらい旅行も大好きだった私。毎年、年に3回ほどは1~2週間ほどお休みをもらってあちらこちら一人でたくさんの国に遊びに行っていました。

主に一人が多かったのですが、

間の3日間(友達が近くに旅行来ていたりとか)誰かと合流したり、

フットワークの軽い友人たちのおかげで気まま且つさみしくない(笑)旅行を楽しんでいました。

ヨーロッパが好きでいつかヨーロッパに住みたいなぁとは思っていたものの、ドイツはトランジットでしか訪れたことがなく、寒いところが苦手なので私の”いつか・・・”には含まれていませんでした。

そんな私が目をつけていたのがマルタ共和国。

小さな島国ですが、ヨーロッパの国の中でも南方にあるから割と冬場も暖かいだろうと。(単細胞)

そして治安がいいと聞くし、英語が通じるし。

そのマルタ視察の後のトランジットがドイツだったのです。

急に取ったフライトだったのでトランジット先で一泊のフライトしか取れず、ドイツに一泊。折角一泊するなら観光もできればいいなぁとフランクフルトの街中にあるホテルに泊まりました。

しかし自分のお誕生日イベント(九月半ば)を終え、ウキウキでマルタしか頭になかった私は夏の服装のみ持参。

フランクフルトがもうすっかり寒くなっちゃってるなんて考えてもなかったのです。

この日すでにフランクフルトは9度とか。

寒すぎてろくに観光も行けず、結局ホテルにこもっていました。

「せめて飲もう。」と思ってホテルのバーをのぞいてみたら、

あら。イケてるBar♡

ご機嫌で一人で飲んでるところに熊さんみたいな巨大なドイツ人のお兄さんとカナダのお姉さんとお友達になりました。

その時主人も近くにいて、”hello.”くらいのあいさつを交わしていたのですが熊さんお兄さんが何か彼に言って、どこかに行ってしまいました。

熊さんお兄さんがえらく酔っぱらってきたので彼をあしらって別のスペースへ移動。

その時またそこに彼(今の主人)がいました。

”where is your boyfriend?”彼氏はどこ行ったの?って言われて

ん?私もともと一人だけど何言ってんだろ?と思いながら取り合えず二人でお話ししていました。

その間にカナダ人のお姉さんも、その場に居たほかの男性とどこかに消えて行ってしまいました(笑)

そしてしばらくして彼が唐突に

”僕は君と来年結婚する。2週間後に日本に行くよ。”って言いだしたんです。

いやぁ~あの時は、この人大丈夫かなってびっくりしました。(笑

Gedik夫人

Gedik氏

なんで急にこんなこと言ったのか、僕も自分で驚きました。。

それがドイツ人の彼との出会いです。

再会

2週間後と言ってた彼ですが、2週間後はさすがに彼もこれず、5,6週間後(それが11月やったかな)

本当に日本に来ました。

大阪と東京を二人で観光。

二週間後に来るというもんだから、私はアジアどこかには来た事あるんだろう。日本の事も興味あるんだろうと思っていたのですが、彼はなんとアジアに来ること自体が初めて。「ありがとう」の意味も知らなかったのです。

こんなに日本の事を知らない外国人は、私も初めて接しました。

ホントに私に会いに来てくれたんだなぁと感じ、その時にちゃんとお付き合いしましょうと決まりました。

ここからは早い早い、あれよあれよと事が進み、年末は私がドイツ。日本に帰ってきて3週間でまた彼も日本に来て私はお店を辞め(1月後半)そして引っ越し準備。

彼にポンポン断捨離され、私の旅の思い出の”スタバのマグカップ”達だけは阻止しました(笑)

私の両親に挨拶をすまし、トントン拍子で家族もびっくり。

ドイツについたのが2020年2月19日です。

GEDIK夫妻

その直後3月後半からは入国制限にVISAの発行もストップ。
みんなにコロナ知ってたん?って言われるほど
ナイスタイミングな僕たちでした。

そして無事ドイツで同棲生活をはじめ、

3月3日正式に夫婦になるという手続きを終えました。

MEMO
ずいぶん後から聞いた話ですが、出会った日どうして始め立ち去ったかというとあの熊さんお兄さんに”僕の彼女に話しかけるな”と勝手に言われてたそう。(笑)
そういうことだったのね~。

そして現在

私たちは今、ドイツで生活をしていますが、私はやっぱりそんなにドイツってピンと来ない。彼にも住む前からお話していたのですが、「私は将来温かいところに住みたい。」と昔からずっと言っていました。

でもハワイやLA大好きなんですが、住むには日本文化が濃すぎて、ん~・・・面白みにかけるというか。アメリカだとマイアミも素敵だな~と思っているのですが、それ以前にアメリカのVISAってちょっとハードル高いよね~っていうイメージもあります。

友人からコスタリカって素敵な所だと聞いて、いつか調査に行くつもりです。

夏はヨーロッパ、冬はどこか暖かいところ。そんなイメージで暮らしていければなぁという理想です。

私たちはいろんな所に旅をすると共に、私がピンとくる住みたい❣て思えるところも探しています。(もちろんただ観光に行ってる所も)単なる私のわがままですが、それに付き合ってくれる彼に感謝。

彼の名言エピソードは、この記事にちょこっと挟んでいます👇

イタリア編♡~teil 3ベネチア~

まだまだコロナのお陰でリサーチも進みにくいところですが、私たちがどこか冬の逃げ場を見つける時まで、末永くお付き合いください💛

現在私たちが暮らしている街

私たちの住む街「Oppenheim」ってこんな所

私たちの旅行記

ヨーロッパ周遊:第一回目はこちらからスタート👇(スイス・イタリア・モナコ)

EUROPE周遊スタート♡ヨーロッパパークからEUROPE周遊スタート♡ヨーロッパパークから

コロナ渦の中ドバイ旅行はこちらからスタート👇

ドバイ編 ~teil 1~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です