~teil 4~ オーストリア・ウィーンへ到着!

こんにちは💛ゲディック夫妻です🤗

👇ランキングサイトです💛応援よろしくお願いします😍

ミュンヘンからウィーンに向かう朝、私の日本一時帰国した時からなんとかキープしていたネイルが限界を迎え、ミュンヘンでネイルサロンに行って来ました✨

店名:NYN Hair&Nails Munich💅

住所:✏️Dachauer Str. 11,

インスタで検索して、アートもある程度できそうかなと思って選んでみました。ドイツのネイルのアートレベルはかなり低い。でも、主流がスカルプなので、皆んなスカルプ使えます。

私は自爪ですが、長さだしはチップを入れてからその上にスカルプで形作ってるところが多いように思います。

自爪に長さあろうがその上にも乗せられます。(小言ですが、日本にいた頃ネイルサロンも経営していたので、ネイルに関してはちょっと煩い私。)

出来上がりはこんな感じ🤗

思った通り!とはいかないけど、悪くないでしょ❣️

お値段は、オフ込み50€と、マインツ(住んでるところの近くの街)のネイルサロンに比べると15€ほど高かったかなぁ。

でもすごく人気店のようで、かわるがわるお客さん入っては出ていき、皆んなマシーンのように仕事をこなしていました。

爪も綺麗にしてもらい、スッキリしたところでウィーンへ向かいます。

ミュンヘンからウィーンは、410KMのドライブ❣️
Gedik氏がんばれ〜✨

Gedik夫人

前回の記事はこちら👇

~teil 3~ ミュンヘン観光:車編

ミュンヘンからオーストリアの首都ウィーンへ

オーストリアではヴィニエットが必要

ミュンヘンからウィーンまでは約410Kmのドライブです。時間で言うと約4時間半。

約1時間ほど走ると、オーストリアには入れちゃいます。

オーストリアに入るにはすんなり近場なのですが、オーストリアに入ってから首都ウィーンまでの方が長い❣️

そして、オーストリアに入ると、買わなければならないものが。

ヴィニエット(Vignette)と言うものなんですが、ヨーロッパ諸国の高速料金は、国によってバラバラ。

オーストリアや、スイス、チェコでは、入口出口でお金を払う必要はないのですが、高速料金が無料なわけではなく、ヴィニエットと言うチケットを買い、車(フロントガラス)に貼り付けます。それが、”高速利用料を払っている”と言うことになります🤗

料金や、有効期間も国によって違いますが、オーストリアは良心的。10日間有効のヴィニエットから購入できるので、10€弱で購入できました。

スイスだと年間有効の物(14ヶ月間有効)を買わなきゃ行けなくって、もっと高い。1週間のためだけとかだったらもったいない気がしちゃうんですよね。

ちなみに購入はとっても簡単。最寄りのガソリンスタンドに行ったら、だいたい購入できますよ✨

あ、それともう一つ、国によって貼る場所がきまっている!

オーストリアは運転席側の上。(座って左上)でした。

これもガソリンスタンドの店員さんならみんな知っているので教えてくれます🤗

オーストリアに入ると、このガソリンスタンドだらけでした❣️

ドイツ(我が家付近)では見ないなぁ〜。

道のり・景色

そしていつも通りかなりの田舎道を走っていると、風車が✨

風車なんてヨーロッパ中で見かけますが、オーストリアの風車は、オーストリアの国旗🇦🇹色にしてあるのかなぁ?

見かけた風車全てこのカラーでした😍

ドイツの私達のお家近くでは、ひたすらワイン山ですが、ミュンヘン付近から、オーストリア入ってからも、やたらとうもろこしとひまわり畑。

ひまわりは、暑すぎたのかな?みんな下向きかけてて、ちょっぴり悲しい姿でした😂

そして、これはドイツでも見かける家具屋さん「XXXLutz」。その家具屋さんの上には大っきい椅子のモニュメント。

この椅子は、ヨーロッパで一番おっきい椅子って言われてるそうです。笑

今回選んだホテル:Andaz Vienna Am Belvedere(アンダーズ・ヴィエナ・アム・ベルベデーレ)

そして、長旅を終え、ウィーン内に入ってホテルへ向かう途中Gedik氏はすでに、

Gedik氏

僕はこの街がもう好きだ❣️必ず気にいる。

まだ着いてほんの5分なんの観光もせぬ間に、すでに一目惚れしていました☺️

今回選んだホテルは、アンダーズ ヴィエナ アム ベルベデーレ。

適当に見ているときに、あ、アンダーズあるんだ〜って思ってたら、駐車場込み朝食込み(この時だけかもしれません。)なのに139€とか。

アンダーズって名前だけでも、悪いことはないでしょ。その上駐車料金込みって私たちにはとてもありがたい。

車旅の最大のネックは、渋滞と駐車料金。駐車場代がほんと馬鹿にならないのです。場所によったら、一泊60€(約7800円:2021.08時点)かかるところもあるの。

しかもウィーンって割と物価も高い所だと聞いていたのに、これはお値打ちな発見でした🤗

そして、ルーフトップバーを調べているときに発見した、いい感じのルーフトップバーもなんとこのアンダーズ ヴィエナ アム ベルベデーレ内。

「これは、ここにしとけと言うことやな。」と思って即予約しました。

入ってみるとやっぱり綺麗❣️

こちらのホテルも、また後日ゆっくり記事にします💛

少しだけ夜のウィーンへ

そしてこの日は夜、ホテルで食事をして、少しだけ街を見に。

車を止めたすぐの所にカジノを発見し、ちょっとだけカジノに遊びに行って来ました。

なんとウィーンのカジノは撮影OK❣️「いる人達にだけ気を遣ってね〜」と店員さん。

テーブルでもOKなんです。珍しいですよね😲

飲み物に迷っていると、「その鞄に合う女性にしか作らないカクテルを作ってあげるよ。」と、お任せしてみた飲み物✨

苺のグミが刺さってた🍓✨

美味しかったです❣️

この日私は大当たりして、スロットマシーンで1100€も勝っちゃいました🤗

またもやマリア様が助けてくれたのかな✨😀(Teil 2ミュンヘン参照

そして軽く遊んだ後は、帰宅。

これは、帰り道に見かけたホテル・ザッハです。

チョコレートケーキのザッハトルテは、ここが発祥らしいの。

やっぱ元祖は食べとかなきゃなと思って、ここは最終日に行きました✨

建物達だけでも美しくて、次の日の観光もとっても楽しみでした😍

私たちは現在(記事投稿日)ブダペストからザグレブに移動です❣️

リアルタイムは、インスタグラムから覗いてみてください☺️

本日も、最後まで読んでいただきありがとうございます💛
次回はウィーンの観光。ウィーンの街並みは本当に素敵でした😍
本日も、素敵な一日でありますように💖

Gedik夫妻

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。